こどもの学費と老後資金を得るためにパートに出る主婦

パート先を選ぶポイントと注意 昔は専業主婦の家庭のほうが多かったのですが、最近は共働き家庭が増えてむしろ後者のほうが多くなりました。外で働いたほうが気分転換になるという主婦ももちろん多いですが、大多数がこどもの教育費を稼ぐためであったり老後資金を稼ぐためであったりします。それくらい最近は教育費や老後資金が高くなりつつあるということです。

昔は大学進学率がそんなに高くありませんでした。高校を卒業したら就職する人が多かったので、母親が仕事をしなくてもなんとかなる家庭が多かったですし、こどもたちも高校を卒業したら働いて家にお金を入れてくれるので金銭的に大変ということも少なかったです。最近はほとんどのこどもが大学に入学します。国立大学でも学費がかかるのに私立となれば何倍もお金がかかります。自宅通学ではなく遠方の大学に通えば仕送りまで必要になります。そうなると父親の収入だけでは大学を卒業されるのは難しくなります。

こうした背景から主婦がパートをせざるを得なくなっています。家事と両立するため正社員ではなくパートという形で働くのがベストと考える人が多いです。こどもが卒業したら今度は老後資金を得るためにさらにパートで働くというのが今の日本では多い主婦の働く形です。

Copyright (C)2019パート先を選ぶポイントと注意.All rights reserved.