パート社員に仕事へのモチベーションを上げてもらうには

パート先を選ぶポイントと注意 もし、職場に正社員とパート社員が混在していて、仕事の内容や量にさほど違いがないとしたら、時間給で働いている側のモチベーションの方が低くなります。同じだけの仕事をしているのに、かたや自分よりもはるかに多い金額の給料をもらっている人が身近にいるからです。与えられた仕事はこなしますが、クレームがきたり、ちょっとむずかしい仕事になると、それは正社員の範疇と逃げ腰になってしまうのも無理はありません。正社員からすると、パートという働き方を選んだのだから仕方ないと言いたいところですが、人の気持ちとしてはどうしても正社員がやってということになります。

そんなパートさんたちの仕事へのモチベーションを高める努力は、職場の上司が率先して行う必要があります。どんなときでも人というのは人についていくもので、この人のためなら頑張ろうと思ってもらえることが大事です。正社員ではないからと働いてくれないと嘆いているとしたら、上司はもちろん、正社員にも人望がないということになります。この人たちのためなら、時間給だろうが月給だろうが関係なく、頑張って働こうと思わせるだけのモチベーションを引き出すには、当人に努力を求めるのではなく、求める側にあるということを理解する必要があるでしょう。

Copyright (C)2019パート先を選ぶポイントと注意.All rights reserved.