パートに使える人と使えない人ができるのは

パート先を選ぶポイントと注意 パートで働くことを選ぶ人には、正社員になれずに仕方なくという場合と、正社員としてフルタイムでは働けないという場合とに分かれます。このとき、どちらがより仕事にプライドを持って臨むかといえば、フルタイムでは働けないけれど、仕事がしたいと考えている後者の方であるのは間違いありません。本当は正社員として雇用されたかったという人は、正社員である人をねたむ気持ちが少なからず生まれてくるでしょう。自分もあの立場になりたかったと考えながら、パートでバリバリ仕事をするモチベーションになれないのは明らかです。

経営者としては、そうした低いモチベーションの持ち主に長時間入ってもらうよりも、短時間でも働きたいというモチベーションの高い人を採用した方が、結果的に仕事ははかどります。低いモチベーションの人1人より、高いモチベーションの人2人を雇った方がいいとでしょう。どんな気持ちで仕事に向き合うかで成果は大きく変わるもので、いやいやながら取り組んでも、時間の割には仕事が進まないということになりますし、たとえ短時間でも、最初から自分に与えられた労働時間はこれだけという意識を常に持っている人は、その中で工夫をして働くことになるからです。

Copyright (C)2019パート先を選ぶポイントと注意.All rights reserved.